« November 2009 | Main | January 2010 »

December 31, 2009

12/30 南房沖のマダイ(一つテンヤ)

R0012336_480aR0018046_480bR0018042_480cR0012332_480d

|

December 28, 2009

12/27 勝浦~御宿沖のマダイ(一つテンヤ)

勝浦・川津・良幸丸の午後船に乗船した。左舷胴の間に陣取ったが、潮流の影響でラインが船下に入り込み、大変釣り辛い状況で大苦戦。そんな中、またしても誤って竿先を折ってしまい、予備で持ち込んだ廉価版のシロギス竿を使うハメに。ところが信じられないことにその予備竿までポキッ!自己嫌悪に打ちひしがれながら、そのまま釣り続けるしかなかった。そしてついに大物がヒット。船下に入り込んだ大物とのヤリトリは、船底キールにラインを擦らないようロッドを海面に対して真下に向け、かなり厳しい体勢にて対処。慎重なヤリトリの末、船長が差し出すタモに納まったのは後計量3.66kgの綺麗なマダイ。その後、なぜか私に連続ヒット。大満足の沖上がりとなった。
Dsc00676_480aDsc00674_480bDsc00675_480cR0012321_480d

|

12/26 外房沖のマダイ(一つテンヤ)

R0012216_480aR0012248_480cR0012167_480cR0012318_480d

|

December 23, 2009

12/23 外房沖のマダイ(一つテンヤ)

前半は食い渋りに苦しめられ、後半はエサ取り(ウマヅラ)に苦しめられた・・・なんだか、高価な冷凍エビを海に撒きに来たような感じだった・・・(-_-;) そんな中、友人が釣った1.2kgは本当に羨ましかった・・・
R0017845_480aR0012150_480bR0012156_480cR0012153_480d

|

December 21, 2009

12/20 勝浦沖のマダイ(一つテンヤ)

前日の駿河湾から一気に房総半島まで移動した。といっても、今日は楽ちんな釣り船。気合満々で臨んだものの、ナント、チャリコ1枚のみで終わった。そんなチャリコを大きく見せるために広角レンズで撮影してみたが、なんだかとても虚しくなった。後ろ髪を引かれる思いで午後船を見送ったが、その後に釣り竿を船に置き忘れてきたことに気が付いた・・・(T_T)ガーン!
R0012088_480bR0012086_480aR0012094_480c

|

December 20, 2009

12/19 興津(静岡県)沖のシロアマダイ

一緒に出航した仲間が沖合にてアカアマをたくさん釣る状況下、浅場でじっと我慢の釣りを継続し、後半に待望のシロアマダイをゲットした。本当に嬉しい\(^o^)/
\(^o^)/ 詳細は2月5日発売のボート倶楽部誌3月号を御覧下さい\(^o^)/
R0012016_480aR0012031_480bR0012058_480c

|

December 12, 2009

12/12 勝浦沖のマダイ(一つテンヤ)

一つテンヤのマダイ釣りにハマり、夜な夜な部屋でテンヤを製作する日々。新たに入手したリール(LUVIAS2506)には高価なPE0.6号(BAY JIGGING)を巻き準備万端。待ちに待った釣行当日、南房総・館山湾に到着してみると思いのほか風が強くて出航を断念(涙)。どうしても釣りがしたい私は、釣り船なら出船できるかも・・・と急遽、40km以上離れた勝浦まで車を飛ばすことにした。途中、以前から乗ってみたいと思っていた釣り船「良幸丸」に電話したが、大人気で満席。別の釣り船「とみ丸」を紹介していただき、午後船に滑り込みセーフ。大きな船に4名のみの乗船だったのでオマツリもほとんどなく、かえって良かったかも・・・なんて思っていたが、なかなか釣れない・・・。開始から1時間ほど経ってから、ようやく鯛飯サイズがポツポツ釣れはじめ4枚ほど釣ったところで、大物がヒットし、あっと言う間にリールからイトが50mほど引っ張り出された。一進一退の攻防の末、7~8分ほどかけて大ダイが浮上。自作テンヤで釣ったので喜びもひとしおだった。その後も、0.8kg~鯛飯サイズがポツポツ釣れ、大満足の沖上がり。帰路途中、友人宅にて鯛シャブ祭りを開催したが、満腹すぎて帰路の運転が辛かった・・・(^Q^;) それにしても先週の手こぎ貸ボートでの中ダイ(2.1kg)に続き、今回の大ダイ(4.5kg)・・・どうして愛艇・友恵丸では大物がヒットしてくれないのだろうか・・・(-_-;)
R0011960_480aR0011964_480bR0011972_480cR0011973_480d

|

December 06, 2009

12/06 葉山沖のマダイ(一つテンヤ)

葉山釣具センターにて手漕ぎボートを借り、一つテンヤ釣法にてマダイを狙った。天候、海況に恵まれたので名島周りにはものすごい数の貸しボートが浮かんでいたので、ポイントを少し外して実釣スタート。アタリが少なくエサもなかなか取られない状況に魚よりも浮かんでいるボートの方が多いかも・・・なんて思いながら仕掛けの入れ替えをやっていた。開始から30分、底ダチをとって軽く誘いあげたときにガツンときた。スプールが回転し、イトが引っ張り出され、はたから見たらまるで青物がヒットしたような引きである。水深が浅いのでなかなか弱らず最後までいいファイトで上がってきたのは、後計量2.1kgのマダイだった\(^o^)/
詳細は年末発売のつり情報誌(754号)に紹介されます。
R0011873_480aR0011897_480bR0011879_480cR0011957_480d

|

December 05, 2009

12/05 小網代沖のマダイ→外道五目(一つテンヤ)

仕事帰りに立ち寄ったスーパーの鮮魚コーナーに生シバエビが並んでいた。これは一つテンヤ釣法のエサとして使えそうだと並んでいた5パック全てを購入した。釣りエサ屋で売っている冷凍エビの1/3程度の値段だったので喜び勇んで帰宅し、冷凍庫へ。翌日、シバエビを試すときがきた。解凍したシバエビをテンヤに付けたが、殻が取れやすいことに気が付いた・・・。仕掛けを海中へ入れ、一回軽く竿を煽るだけで殻が外れてしまうのだ・・・(-_-;)こんなことなら、釣り用の冷凍エビを買ってくればよかった・・・と冷たい雨に打たれながら、ひとりボート上で後悔した。釣れる魚も、エソやサバフグなど・・・外道ばかり。最後に、ミノカサゴが釣れたところで本命の姿を見ることなく、涙の沖上がり。
R0011830_480aR0011866_480bR0011872_480cR0011834_480d

|

« November 2009 | Main | January 2010 »