« 5/31 城ヶ島沖のマダイ | Main | 6/7 八景沖のアジ&シロギス »

June 06, 2009

6/06 小網代沖のマダイ→アオリイカ

雨が小降りになったのを見計らって自宅を出発した。午後2時頃、海岸道路を走っていたら、帰路途中の仲間達とすれ違った。「マダコが大漁だった」とのこと。羨ましいというより、刺激になった。午後3時過ぎ、ようやく出航。実釣3時間ほどの短時間となってしまったが、時間は関係ない。魚の活性と、釣り人の集中力だ!・・・などと自分に言い聞かせ、マダイの待つポイントへと向かった。今日こそ、ラバーで釣ってやる・・・!気合が入ったものの、こういう時は釣れないもの・・・。案の定、開始から2時間が経過し、釣果はマサバ1本のみ。結局、今回もラバーマダイは不発に終わった。日没までの1時間は、ターゲットをアオリイカに変更し、お土産確保を目論んだ。餌木シャクリ釣法は実に半年ぶりである。根掛かりによる餌木ロストを警戒し、やや高めのタナを攻めてみた。開始から15分ほど経った頃、ガツンと大きな衝撃がロッドを襲った。一瞬、根掛かりか?と思ったが、その直後からグィーン、グィーンという強烈な引きがロッドに届いた。根掛かりじゃない!アオリだ!これまで経験したことのない重さと、強い引きに大物であることをと確信し、慎重にリールを巻いた。中オモリを回収し、ハリスを手繰る際も強烈な引きがひっきりなしに手元に届く。姿が見えたときそのデカさに驚いたが、タモにはすんなり入ってくれた。秤を持っていなかったので正確な重量は不明だが、自己記録となる2キロオーバーは間違いない。この後、マルイカを1杯追加し、沖揚がり。大物が釣れるとこんなにも気分がいいものなのか?あらためて実感した。片付けの最中、地元の友人から電話が入った。近くの食堂にて夕食中なので一緒にどうか?というお誘いだ。アオリを手土産にお邪魔し、お店に頼み込んで料理してもらった。刺身もゲソフライも大変美味しく、友人家族や居合わせた他のお客さんも喜んで頂けた。今日の釣りは、前半のラバーマダイが不発に終わったが、自己記録となるアオリをゲットでき、更にそのアオリを皆が旨いと言って食べてくれ、釣り人冥利を実感する気分がいい夜だったv(^Q^)/
Rimg0042aRimg0051bRimg0061_480cRimg0083_480d

|

« 5/31 城ヶ島沖のマダイ | Main | 6/7 八景沖のアジ&シロギス »