« December 2007 | Main | February 2008 »

January 21, 2008

1/20 城ヶ島沖のマダイ→アマダイ

釣友のボートに乗せてもらい、マダイを狙った。ポイントを数箇所変えたものの、浅場はどこも活性が低く、とにかくアタリが少ない。外道でもいいから、アタリが欲しいと思い、中深場へ移動。ようやくアタリが頻発したが、釣れ上がるのはヒメばかり・・・。「キャー、またヒメだよ」、「キャー、またコイツかよ」と、ヒメが上がるたびに、"悲鳴"が上がる・・・(x x)☆\(-_-;)BAKI そんなヒメの猛攻に苦しみつつも、船中、マトウダイや特大サイズのアカアマダイ(51cm 1.4kg)も上がったが、私はリリースサイズのオニカサゴ2尾のみ。でも、とても楽しいボートフィッシングだった。
R0013690_480R0013691_480R0013694_480


|

1/19 小網代沖のマダイ→スミイカ→オデコ

実に2ヶ月ぶりのマイボートでのマダイ狙い。ワクワクしながら実績ポイントまでまっしぐら。ポイント到着後にスパンカーを張って、ボートを風に立てると、思いのほか北風が強いことを実感した。いかん、移動中は追い風だったので、そのことに気付いていなかった。今以上、吹くようなら危険が伴うので、戻らなければならない・・・そう思って、仕掛けを投入する。小さなアタリが届き、沖メバル(トゴットメバル)が揚がった。次の投入でも同様に沖メバルが掛かったので、タナ取りを海面からやってみる。それでもやはり沖メバルがヒットする。ポイントを移動しようかとも思ったが、北風が強くなり始めたので"沖粘る"は危険と判断し、浅場へ移動。
浅場ではマダイを諦め、シャコテンヤを使ってスミイカを狙うことにした。先週の釣行にて残ったシャコを冷凍庫にしまっておいたが、妙に乾燥していて、使い物になるかどうか?不安なまま第1投。シャクリ上げた際のガシッという衝撃を夢見て、無心にシャクる。30分後にガシッ!と、来たが、スミイカではなく、根掛かり・・・。回収に苦労していると、北風が一段と強くなってきた。このままではまずいと、強引に引っ張ったら片方のカンナが折れ、回収成功、一目散に沖揚がり。
着岸後、沖を見たら、かなり白波が立っていた。シャコテンヤを回収したいがために、海難事故を起こしてしまってはシャレにならない・・・サザンの唄にあった「シャコの海難物語」になってしまうところだった・・・「チャコの海岸物語」だろ!(x x)☆\(-_-;)BAKI
R0013682_480R0013642_480

|

January 15, 2008

1/13 平塚沖のスミイカ釣り

先週に引き続き、今週もスミイカ狙いで平塚へ向かった。出航準備の段階から釣り談義に花が咲いてしまい出航したのは10時半過ぎ。観測塔西側のスミイカポイントには先着の仲間が浮かんでいて、既に本命を3杯ゲット済み。今日は期待できるかも・・・と餌木シャクリにて実釣スタートしたが、先週に引き続き、またしても苦戦。正午前にようやく1杯目をゲットしたものの、沈黙の海に。シャコテンヤに切り替え、粘り続けてようやく2杯目。その後、小さなタコが数杯ヒットするも、スミイカは追釣なし・・・。

R0013574_480

でも、帰宅後に食べたスミイカの刺身はむちゃくちゃ美味かった。スミイカに限らず、釣果が少ない方が、美味しく思えてしまうのは、私だけでしょうか?
食べきった後に、もっと食べたい・・・と思うからかも。
それくらいが丁度いいかも・・・(x x)☆\(-_-;)BAKI負け惜しみにしか聞こえないぞ!

今回の釣行は、つり情報2/15号(2/1発売)に3頁で掲載予定です。

|

January 06, 2008

1/05 剣崎~小網代沖のマダイ五目

仕立船に乗って、マダイ五目を楽しんだ・・・といっても、本命マダイは船中0・・・。朝方、イナダやサワラが取り込まれ、昼頃にアマダイやオニカサゴが上がった以外は低調な一日だった。久々のマダイ釣り、とにかく1枚だけでも本命を釣りたい・・・そんな一心で、竿先が海面に刺さる瞬間を待ちわびたが、結局、不発。私はイナダのみで終わってしまった。それでも、親しい友人達との釣りはとても愉しく、沖揚がり後の釣魚料理も最高に美味だった。もう、これ以上、釣果で落ちることのないところまで来ているので、後は上り調子となるはずだが、依然として横ばい状態が続いている・・・困った・・・(-_-;)
R0013507_480

|

1/04 平塚沖のスミイカ&シロギス

とにかく、スランプから脱したい・・・そんな思いから選んだターゲットがスミイカ&シロギス。ところがスミイカに大苦戦。早々に餌木にて1パイ乗せたものの、後が続かず時間ばかりが経過した。餌木、シャコテンヤ、魚型スッテ・・・と、いろいろ試したが全然ダメだった。そんな中、期待を裏切らないのが解禁になったばかりのシロギス釣り。短時間だったが、痛んでいた心が少しだけ癒された・・・(^_^)
R0013487_480

|

1/02 腰越沖のアマダイ釣り

スランプ街道まっしぐら・・・長いトンネルは、新年を迎えても続いていた・・・。毎年恒例となっているつり情報誌の初釣り取材への助っ人同行においても、ついにやってしまった・・・丸ボウズ・・・(T_T) 一方、編集記者の方は絶好調。編集記者の釣果を引き立てるという意味では助っ人として役目を果たせたのかな・・・(^_^;)
R0013407_480

|

« December 2007 | Main | February 2008 »