« September 2007 | Main | November 2007 »

October 28, 2007

10/28 平塚沖のアマダイ釣り

台風20号の影響を考慮し、本日予定されていた平塚フィッシャリーナミニボートクラブの秋イベント「定例つり大会&海上ごみ拾い」を1週間延期するとの知らせを2日前に頂戴した。安全を最優先に考えたスタッフの良識ある決断だ。
しかしながら、今朝目覚めるとほぼ無風状態で、台風一過の青空が広がっているではないか!ライブカメラで確認しても、出航できそうな状況・・・という訳で、急遽、フィッシャリーナヘ向かうことに。翌週に延期となった釣り大会に対して、釣り物を事前にリサーチしようという下心の釣行だ。
現地に到着してみると、先着のカートッパーが数名、そしてその後も続々と下心カートッパーが到着した・・・皆、考えることは同じである・・・。
11時過ぎに出航。平塚-大磯間の実績ポイントにて、今シーズン初となるアマダイを狙った。台風の影響で少しウネリが残っていて、非常に釣りづらい状況だが、早々に仲間が1尾目を釣り上げたので、こちらも負けじと竿先に神経を集中する。午後2時過ぎ、私の竿にも待望の本命がようやくヒット。40cmオーバーといかなかったが、妙に嬉しい1尾だった。
それにしても今日は暑い1日だった。半袖でアマダイを持っている画像は初めてかもしれない・・・(^_^;) さぁ、来週はいよいよ本番だ!R0012782_480

|

October 21, 2007

10/21 友恵丸 in 船の科学館

今日もミニボートフェスティバルに参加するべく船の科学館へ向かった。
朝から多くの来場者があり、会場には活気が溢れていた。特に人気があったのは、やはり体験乗船だ。
子供から大人までキャッキャッ言って楽しんでいた。
一周200メートルの流れるプールは実際の海とはかけはなれたシチュエーションではあるが、ミニボートがどんなものかは、ある程度解っていただけたのではなかろうか(^_^)

|

10/20 プールサイドにて

ご主人様はいつものように私を車の屋根に載せ、自宅を出発。高速湾岸線を東へ向かい、東京湾トンネルを抜けたあたりで一般道へ下り、まもなく駐車場に到着した。すぐに私を屋根から降ろし・・・船外機を取り付け、スパンカーを立て、GPS魚探や釣り竿、クーラーボックスを積み込み準備完了。前輪ドーリーを装着し、私を水際まで運搬したところで、ひと休み。ところが、いつまで経っても、ご主人様は出航しようとしないのだ、何かおかしい・・・。
それに今日の私は、見ず知らずの人からやたらと体を触られるし、中には叩く人もいる・・・近くに並んでいたボートはどんどん出航していくのに・・・おかしい・・・。結局、一日中、水辺でご主人様からの出航を待ちぼうけ・・・。by 友恵丸
という訳で、友恵丸の気持ちを擬人法にて表現しましたが、今日、明日の2日間、船の科学館シーサイドプールで開催される"ミニボートフェスティバル2007"に友恵丸を展示しています。
このイベント、今年で3回目になりますが、第1回目が常陸利根川(茨城県)、第2回目が涸沼(茨城県)だったのに対して、今回はナント!東京都内の観光スポット、船の科学館のシーサイドプール!!
開催場所が都内のプールであることを知った時「えっ!海や湖ではなくてプールなの?マジで?」と正直いって思いました。でも来場者が多く、体験乗船されたお客様の楽しそうな笑顔を見ていたら「都会のプールでの開催は大正解!」だと思うようになりました。
明日(10/21)も開催されます。ミニボートに関心のある皆さん、ボートを乗り較べる良い機会だと思います。お誘い合わせの上、是非ご来場ください。
R0012775_480

|

October 20, 2007

10/14 小網代沖のマダイ→ホウボウ

R0012757_480
釣行前夜に友人から掛かってきた電話は「今日、ラバージグにて初めてマダイを釣ったよ!2kg級と1kg級の2枚だよ!なんであんなモノでマダイが釣れてしまうのか?本当に不思議だよ!」というものだった。
興奮気味に語った友人の言葉に洗脳され、すっかり釣れる気持ちになってしまった私は急遽、今日の釣りをラバーマダイに決定。またしても、無謀にもそのタックルのみをボートに積み込み出航した。
ポイントまで向かうために選んだコースにて船外機のプロペラを暗岩にヒットさせてしまうという大失敗。近道する際に何度も航行したことのある浅場だが、ちょっとした油断が招いた失敗だった・・・反省。でも、もしかしたら、岩だけではなく、本命マダイもヒットするかも・・・とポジティブに考え、はやる気持ちを抑えつつポイントまで向かった。
そんな期待とは裏腹に、現実はそんなに甘くはなかった。釣れる魚といえば、エソばかり・・・ようやく本命か?と思ったら、今度はホウボウ・・・。
近くでイナダを連釣する友人が本当に羨ましく思える一日だった・・・いったい、いつになったらラバーマダイで結果が出せるのだろうか・・・いや待てよ、こうやってオデコを繰り返すことで、仕留めた時の喜びが倍加するはず・・・と、苦し紛れだけどポジティブに考えることにしよう!
新しいプロペラ購入、\12,000也・・・(T_T)

|

October 17, 2007

10/13 保田沖のカワハギ釣り

R0012700_400
内房(房総半島の内側のこと)へカワハギ狙いで釣行した。今回はマイボートではなく、レンタルボートでの釣りであり、道中は人の車に乗せていって貰うという超楽チン釣行だ。ただ、普段の「マイカー+マイボート」の釣行パターンと違うので忘れ物には要注意・・・そう思って念には念を入れ釣行準備を進めた。
実釣では開始早々から本命カワハギを次々ゲットできたが、途中、外道が交じるようになってからは次々と忘れ物があることに気が付いた。外道に飲み込まれたハリを外そうと思ったら「ハリハズシが無い」、伸ばされたハリを元通りに戻そうとしたら「プライヤーが無い・・・」。仕掛けを作り直そうと思ったら「ハサミが無い・・・」。カメラレンズの汚れを拭き取ろうと思ったら「タオルが無い」・・・。あ~ぁ、やっぱり忘れ物があったか・・・それも1点ではなく、複数点も。
久々のカワハギ狙いだったが、せめてもの救いは、釣り方を忘れていなかったことくらいかな?

|

October 07, 2007

10/06 南伊豆沖のマダイ・ワラサ→イサキ

金曜夜、遠征釣行の準備を整え、東名高速で西へ向かった。台風15号の影響が既に本州各地にも出始めているとの情報がカーラジオから耳に飛び込んで来た。この状況で西へ向かっても台風に近づくばかりで、ヘタしたら遠征しても釣りができないかも・・・と不安になり、急遽、沼津インターで降り、伊豆半島へ向かうことにした。

R0012259_400

出航後まもなく東風が強まり、短時間勝負を強いられたが、仲間のボートでは小さいながらもマダイを上げていた。羨ましい・・・

R0012262_400
一方、私の方は、イサキとイナダのみ。一度、サンパク(イナダとワラサの中間)がヒットしたが、ペラに巻き込みラインブレーク。海況の悪化が思いのほか早く、午前中で沖上がり。

|

« September 2007 | Main | November 2007 »