« April 2007 | Main | June 2007 »

May 28, 2007

5/27 金田湾のシロギス釣り

R0010149_013今回からカートップボートでのエントリーが可能になった史上最強の小物釣り大会"キスマスター"に参加した。イベント会場は三浦半島西岸の小網代(シーボニア)だったが、南風を避けるために、カートップボートの利点を活かし、金田湾側へ仲間6名3艇で出艇した。
R0010166_0134尾の全長合計で競われるルールなので、良型が揃う浅場の根際を徹底的に攻めた。時折、良型がヒットするものの、根掛かりが頻発して大苦戦、多くの仕掛けと時間をロストした。ボートの片付けとイベント会場までの移動時間を考慮し、11時には沖揚がり。
R0010195_013イベント会場へ向かうカートップ3艇。釣果の検量タイムに、滑り込みセーフだった。今回の参加は50艇。大きなボートに乗る人達を相手に、カートップボートで"旋風"を巻き起こそうと挑んだが、結果は13位。
Imgp126513"旋風"を巻き起こすことはできなかったが、ナント!くじ引きにて"扇風"機をゲットできた・・・v(^-^)/
順位的には悔しかったが、天候にも恵まれ、とても楽しい一日だった。
07kissm0113感心したのは、マイクを握った運営スタッフが単なる釣り大会で終わらせるのではなく、漁業者に対する配慮やライジャケ着用など、啓蒙活動を行なっていたこと。年2回、開催されるイベントであり、既に回数を重ねているので運営もスムーズだったが、こういったイベントはスタッフの努力なしでは成立しない。本当に頭が下がる思いだ。でも、参加者の楽しむ姿を見て、多少なりとも苦労が報われたのではなかろうか。
次回は11月にハギマスターが開催される。次回こそ、扇風機ではなく・・・旋風を・・・

|

May 20, 2007

5/20 葉山沖のマダイ釣り

20070520
今日はマダイロッドの竿下ろしの日。ニューロッドに華々しいデビューをさせるにはマダイの実績が高い場所へ行きたい・・・小網代沖か?剣崎沖か?久里浜沖か?行き先も決めないまま、とりあえず自宅を出発した。そういえば、葉山沖へも久しく行っていないなぁ~なんて思いながら運転していると、信号で並んだ車の人が窓を開け、私に向かって会釈した。見覚えあるような?ないような?「どこかで会いましたっけ?」と尋ねると、「以前に葉山釣具センターでお会いしました。今日もあそこのボートに乗りに行きます」と氏が言った。その言葉に釣られ「私も今日は葉山沖に浮かびます」と言っていってしまった。氏と別れた後、自分の過去を振り返り、葉山沖では大してマダイを釣っていなかったなぁ・・・と、後悔しきり。そんな葉山沖にて9時半に実釣スタート。ニューロッドの今後を占う意味でも大事な第1投目、竿先が僅かに動いたのでそぉーっと聞き上げると荷重がかかった。小物らしき引きだが、記念すべき1尾目なので慎重に巻き上げると小サバが登場。2投目はショウサイフグ・・・。その後、しばらく沈黙の海が続いたが、カタクチイワシの大群が付近を回遊し始めてからは、大サバが連続ヒット。細身の竿ながら、バットのパワーで楽に大サバを浮かせることができる。ただ、ハリスを手繰る際には、指が切れそうになるほどの大サバの強い引きに悪戦苦闘・・・。サバを避けるようにポイント移動を繰り返し、正午過ぎ、ようやく待望のマダイをゲット。といっても、微妙なサイズだったので写真を撮って即リリース。なんとか良型を釣りたい・・・と粘っていたら、ついに良型ヒット!でも、マダイではなく、カワハギ・・・。その後もサイズアップに期待したものの、同サイズのマダイを1枚追釣しただけで、タイムオーバー。華々しいデビューとは言えないが、なんとかマダイの顔を拝むことができたし、それより何より、ニューロッドがショウサイフグやカワハギのアタリまでキャッチできる穂先の感度と、大サバを難なく浮かせるバットパワーを兼ね備えていることを実感できたので大満足。
画像はニューロッド「ダイワ精工製 リーオマスター 桜鯛 270S 」に80号のコマセカゴを吊るしたもの。
Rimg0057_013_1

そういえば、来週の土日(5/26,27)の葉山新港はマイボートの持ち込みができないそうです。ヨット関係のイベントがあるみたい・・・

|

May 13, 2007

5/12 館山沖のマル・ムギ 

_050
お誘いを受けて千葉県は館山沖へ釣行した。千葉方面も有料道路の整備が進み、行き易くはなったが、その料金が決して安いとはいえないのが難点だ。ただ、それでも毎回、ワクワクするのが千葉の海。今回はレンタルボートを借りて、マルイカ釣りを楽しんだ。ムギイカも3割ほど混じり、久々に入れ乗りを楽しめた。詳細は6月1日発売の「つり情報」にて。

|

May 07, 2007

5/04 西伊豆沖のマダイ

Rimg0040_013
早朝、出航してマダイを狙った。第1投目からサイズは小さいものの本命マダイの登場に気を良くしたが、後が続かず大苦戦。昼頃に南風が強くなり、涙の早揚がり。結局、朝方釣れたマダイはリリースして、外道で掛かったカワハギ1枚のみをクーラーへしまった。近くの温泉に浸かってから、友人別荘へお邪魔した。手土産はカワハギ1枚のみだったが、薄造りと肝ダレをふるまったら皆喜んでくれてホッとした。いよいよ明日は久々にダイビングだ!

|

5/03 西伊豆沖のアオリイカ狙い

Rimg0030_013_1
交通渋滞によって14時過ぎに西伊豆へ到着した。浜辺に到着すると、風がやや強く、海も波立っている。朝から出航していた仲間が片付けの最中だったので様子をうかがうと、昼過ぎに風がやや強くなり、ウネリが出始めたとのこと。15時半、海が静まったので急遽、餌木シャクリタックルのみを積み込み、出航。日没までの3時間ほどアオリを狙ったものの、不発に終わった。手土産がないので、友人別荘へ泊まりに行かず、テントで一晩過ごした。

|

May 01, 2007

4/30 三崎~小網代のマルイカ

Rimg0021_013
いろいろな種類のイカを釣りたくて、タックル類一式をボートに積み込み出航した。浮きスッテ仕掛けではマルイカをゲットできたが、餌木シャクリでは昨日に引き続きアオリが不発。プラヅノを使った深場のイカも不発で、結局、釣果は前日と同様にマルイカのみ。それにしても、この2日間で20時間以上も海に浮かんでいる・・・完全にイカれた人間である・・・
それにしても、前日の画像と今日の画像はソックリに撮れている。なんだか"間違い探し"のよう・・・(^_^;)

|

4/29 小網代沖のアオリ→マルイカ

Rimg0017_013_2
連休初日の昨日は、海まで出掛けたものの、見る見るうちに風が強くなり、涙を飲んで出航を見合わせた。そのストレスを発散するべく連休2日目となる今日は早朝からイカを求めて、出航した。気合とは裏腹に釣果は空回りで、思いのほか苦戦した。餌木シャクリでは大物をヒットさせたものの、誤って糸を送り込んでしまい、痛恨のバラシ。悔やんでも悔やみきれない自己嫌悪に陥った一日だった。

|

« April 2007 | Main | June 2007 »