« 5/12 館山沖のマル・ムギ  | Main | 5/27 金田湾のシロギス釣り »

May 20, 2007

5/20 葉山沖のマダイ釣り

20070520
今日はマダイロッドの竿下ろしの日。ニューロッドに華々しいデビューをさせるにはマダイの実績が高い場所へ行きたい・・・小網代沖か?剣崎沖か?久里浜沖か?行き先も決めないまま、とりあえず自宅を出発した。そういえば、葉山沖へも久しく行っていないなぁ~なんて思いながら運転していると、信号で並んだ車の人が窓を開け、私に向かって会釈した。見覚えあるような?ないような?「どこかで会いましたっけ?」と尋ねると、「以前に葉山釣具センターでお会いしました。今日もあそこのボートに乗りに行きます」と氏が言った。その言葉に釣られ「私も今日は葉山沖に浮かびます」と言っていってしまった。氏と別れた後、自分の過去を振り返り、葉山沖では大してマダイを釣っていなかったなぁ・・・と、後悔しきり。そんな葉山沖にて9時半に実釣スタート。ニューロッドの今後を占う意味でも大事な第1投目、竿先が僅かに動いたのでそぉーっと聞き上げると荷重がかかった。小物らしき引きだが、記念すべき1尾目なので慎重に巻き上げると小サバが登場。2投目はショウサイフグ・・・。その後、しばらく沈黙の海が続いたが、カタクチイワシの大群が付近を回遊し始めてからは、大サバが連続ヒット。細身の竿ながら、バットのパワーで楽に大サバを浮かせることができる。ただ、ハリスを手繰る際には、指が切れそうになるほどの大サバの強い引きに悪戦苦闘・・・。サバを避けるようにポイント移動を繰り返し、正午過ぎ、ようやく待望のマダイをゲット。といっても、微妙なサイズだったので写真を撮って即リリース。なんとか良型を釣りたい・・・と粘っていたら、ついに良型ヒット!でも、マダイではなく、カワハギ・・・。その後もサイズアップに期待したものの、同サイズのマダイを1枚追釣しただけで、タイムオーバー。華々しいデビューとは言えないが、なんとかマダイの顔を拝むことができたし、それより何より、ニューロッドがショウサイフグやカワハギのアタリまでキャッチできる穂先の感度と、大サバを難なく浮かせるバットパワーを兼ね備えていることを実感できたので大満足。
画像はニューロッド「ダイワ精工製 リーオマスター 桜鯛 270S 」に80号のコマセカゴを吊るしたもの。
Rimg0057_013_1

そういえば、来週の土日(5/26,27)の葉山新港はマイボートの持ち込みができないそうです。ヨット関係のイベントがあるみたい・・・

|

« 5/12 館山沖のマル・ムギ  | Main | 5/27 金田湾のシロギス釣り »