« January 2006 | Main | March 2006 »

February 25, 2006

2/25 小網代沖のマルイカ釣り

20060225_050
朝から北東の風が強く浜辺で時間つぶし。9時半頃ようやく出航できたが、沖へ出るとやはり波立っている。今以上、風が強くなる様なら即、沖揚がりするつもりで釣り開始。実績ポイント周辺でマルイカを狙ったが、乗る気配がまるでゼロ。開始後3時間以上経ってようやく同乗者が1パイ釣り上げた。その後、氏はマダイ用のムーチングロッドでソフトな釣り方にて着々と数を伸ばしていく。一方、先調子の竿を使ってのシャクリ釣法を実践する私は大苦戦。終わってみれば、氏に大きく水を開けられ「やっぱり友恵丸の舳(ミヨシ)側は良く釣れる!」というお決まりの皮肉まで・・・(-_-;)

|

February 19, 2006

2/19 平塚沖のオニ→カンコ

20060219
前日の釣行は帰宅が午前様となってしまった。しかしながら、疲れた身体に鞭打って平塚フィッシャリーナへ向かってしまった。何がそこまで夢中にさせるのか?自分でもよくわからないが、とにかく毎回さまざまな驚きに出会うことができるからかも・・・。今日はオニカサゴを狙ったが、カンコ(ウッカリカサゴ)やノドグロ(ウッカリカサゴ)は釣れるものの、本命はオデコ。昼頃から鏡のような凪になり、のんびり中深場の釣りを楽しんだ。

|

2/18 西伊豆沖のマダイ

20060218
このところ慌しい日々が続いていたので、西伊豆から足が遠のいていた。今日、実に3ヶ月半ぶりに出掛けたが、本命はおろか外道からのアタリも少ない沈黙の海だった。ただ、西伊豆にしては珍しく、一日中海に浮べたので、夕方まで粘りに粘ってようやくキープサイズをゲットした。今回、初めてコードレスタイプの電動リール用バッテリーを使用したが、狭いボート上での長ハリス仕掛けを使うコマセダイ釣法ではその有難みを実感できた。

|

February 13, 2006

2/11 ステージ上からのお客様狙い

20060211
今日の釣りのターゲットは講演を聞きに来て下さったお客様。いつもどおりに操船席に座って、実釣スタート。海面(最前列)から海底(最後列)まで、ターゲット(お客様)がビッシリだが、仕掛けと誘い方(内容とトーク)が悪いのか?なかなかアタリが届かない。ところが、スクリーンに実釣動画や魚探画像を出した途端、少しずつアタリが出始めた。最後の質問コーナーにて、なんとか数尾、ハリ掛かりに成功したが、あっという間に沖揚がりの時間となってしまった・・・。ご来場の皆様、お魚に例えてしまってスミマセン。本当にたくさんの御方に耳を傾けて頂き、大変嬉しく思っています。

|

February 10, 2006

2/09 幕張メッセ

20060209
幕張メッセで開幕した2006東京国際ボートショーの会場へ友恵丸を搬入した。今回は18艇ものスモールボートが集結したが、新規参入メーカーの目新しいボートもあってなかなか面白い。今日、会場にて嬉しい出来事があった。背後からドスッ!押されたので振り返ると、あの玲子ちゃんが・・・。その第一声が「小野さん、痩せましたねぇ~ビックリ!」だったから、ますます嬉しくなってしまった・・・v(^_^)デレーッとニヤケタおじさんの顔を見てください・・・(^_^;)

|

February 05, 2006

2/05 平塚沖のマダイ→アマダイ

20060205
深場でマダイを狙ったものの、釣れ上がるのは赤く細長~い魚(アカタチ)ばかり・・・(x x)。初志貫徹できず、14時過ぎにターゲットをアマダイへ変更。なんとか型を見て、沖揚がり。今朝はこの冬一番の寒さだったらしいのだが、日中は風がおさまるとポカポカ陽気で、波もなく、この時期にしては最高の釣り日和だった。マダイさえ、釣れてくれれば言うことなしだったのに・・・。

|

2/04 剣崎沖のアマダイ→オニ

20060204
強風で出航できず、浜辺でボート釣り談義に花を咲かせ愉しいひと時を過ごした。午後3時近くになって、ようやく風がおさまってきたので、急遽、友恵丸に3名乗船でアマダイ狙いで出船した。本命が釣れないものの、ワイワイやりながらの釣りはやはり愉しい。4時半頃、空から雪が舞い落ちてきたが、同時に真っ赤な夕焼けも見えて何だかとても不思議な光景だった・・・やはり、どんなに寒くても海に漕ぎ出すと、何かしらの感動が味わえる・・・v(^_^)

|

« January 2006 | Main | March 2006 »